ノクト58㎜入荷

未分類
10 /08 2017
IMG_3843_R.jpg
Ai NOCT-Nikkor 58㎜F1.2S(中古レンズ)が入荷しました。
ニコンファンにとってはお宝レンズです。
このレンズは1977年Aiレンズとして発売。1982年にはAi-Sになり、最終価格は165,000円でした。
1997年には生産が終了しています。
「ノクト}は夜想曲を意味する「ノクターン」から名付けられたレンズで、文字通り「絞り開放」で夜でも手持ちで高画質写真を得られる狙いがありました。その真価が発揮されるのは天体撮影のようです。星空をきれいに写すためには一般に長時間露光が必要で、赤道儀を使って追尾する必要があります。追尾せずに撮影するには、高感度のフィルムと明るい大口径レンズで露光時間を短くする必要がありますが、大口径レンズを開放で使うと画面の周辺では点であるはずの星が鳥が羽根を広げたような形や三角形に写ってしまいます。
ノクトニッコールは、この収差を補正するための非球面レンズを使い「点が点に写る」レンズとして知られています。また、光の波長による収差もほぼ完壁に補正されているため、通常はピント位置がズレる赤外線写真も、可視光と同じピントでそのままシャープに写せることでも知られています。
生産終了になってからは中古価格が上昇し、当時の定価より高く取引されています。
現在キクヤで324,000円で発売中。(税込)キクヤホームページの中古販売ページからもお求めできます。
1点ものですので売れ切れご免の商品です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カメラのキクヤ

カメラのキクヤ 写真日記へようこそ!